土地活用に関係してくる法律とは

バナー

土地活用に関係してくる法律とは

土地というものは財産権の基盤を成すものですから、そこには様々な権利関係というものが発生してくることになります。

このために、土地活用がなされる場合には、こうした土地を巡る権利関係というものが常に関係してくることになるのです。

大阪の土地活用のクチコミ評価が高いです。

この土地に関する権利関係というものは、民法の物権に関する規定によって定められているのですが、それには所有権や地上権、地役権といった様々なものがあります。



土地の所有権とは、文字通りに土地を所有できる権利のことですが、この権利は土地の地上部分だけではなく、その上空と地下にも及ぶので、その所有者の承諾を得ずして、その人の土地の地下にトンネルを掘ったり、その土地の上の空間に高架橋を設ける、といったことは許されないのです。



これは、新たに地下鉄の路線を開設したり、鉄道や高速道路の高架線などを開通させる、といった公共交通のための土地活用である場合にも、必ず問題となるものなのです。特に、土地の権利関係が複雑に入り組んでいる都市部では、鉄道の開設や道路の開通といった土地活用の際には、この土地の所有権との関係が必ず発生してきます。

また、土地は借地でも、その上に建てられている家は自分の持ち家、といった場合には、土地の所有権者と建物の所有権者という関係になっているわけですが、その建物の所有権者であるということは、地主であるその土地の所有権者の土地を利用できる地上権を持っている、ということでもあるのです。

これは簡単に言えば、土地を借地するということは、つまりはその土地の地上権を得る、ということを意味しているわけなのです。